読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旬とは何なのか

【旬】ある特定の食材について、他の時期よりも新鮮で美味しく食べられる時期。(Wikipediaより)

大抵のものはいつでも手に入る世の中。
夏が旬だと思い込んでいた食材が実は冬物だったりする。

それでも「旬」の食材はやはりその季節にいただきたい。口にした瞬間、何ともいえない幸福感に包まれる。

旬。大切にしたい文化だと気づかされる。

と、綴っていてふと気づいた。「筍」って竹かんむりに旬、と書くんだなあ←

昼夜を問わず伸びるのがとても速いことから、一種の民間語源として、漢字の「筍」は10日間を意味する「旬」から来ている、などと言われることもある。(Wikipediaより)

なるほど。諸説あるでしょうけど、こういう語源を知るって面白い。

そんな筍のお話。違う。フルーツサンドの話なのだ(笑)


10.6。広島観音町にあるメルシィさんを訪れる。
f:id:yu_sanpo:20161007185141j:plain
やはりここも果物屋さん。
色鮮やかな売り場を抜けると、そこには落ち着いた雰囲気の喫茶スペースがあった。

フルーツサンドとフルーツティーを注文。
どちらも680円だ。これが高いか安いかは現物を見ないとわからない←


隣の席にフルーツパフェが運ばれてきた。

パフェがめちゃくちゃ美味しそう。これは判断を誤ったか。いやいやフルーツサンドのために訪れたのだ。ここは我慢だ。

と、五郎さんばりに心の中で葛藤する私。


私のフルーツティーが運ばれてきた。
f:id:yu_sanpo:20161007185209j:plain
ちょっとお洒落で恥ずかしくなる。5minほど蒸らすらしい。

美味しいものに出逢うためには我慢が必要なのかもしれない。


私のフルーツサンドが運ばれてきた。
f:id:yu_sanpo:20161007185236j:plain
美味そうじゃないの(*´∀`)♪

フルーツの盛り合わせもついてきた。
そんな、果物たちで埋め尽くされた華やかなテーブルは、山梨あたりの眼下に広がる果物畑、を想起させられる(笑)
f:id:yu_sanpo:20161007185305j:plain

一口。旬のいちじくが入ってるの嬉しい。食感が美味しい。

酸味もやってきた。正体はキウイだ。パインも角切りで入っている。

わりと果物たちの棲み分けがはっきりしている印象。口に入れた位置によって異なった味や食感が楽しめる。

まさに現代を象徴するような、マンションタイプのフルーツサンド。伝わりづらいですが、褒め言葉です←


やはり甘すぎないクリーム。柔らかいけどちょいとしっかりとしたパン。

今は旬のいちじくを使っていたけど、季節ごとにまた違った顔を見せてくれる予感。


そしてフルーツティーは香りがいい。ほんのり甘い。

それもそのはずティーポットの中はこんな贅沢な状態になってました。
f:id:yu_sanpo:20161007185329j:plain
オレンジ、りんご、梨、パイン、ぶどう、マスカット...仕事を終えた果物たちに感謝です←

ちなみに役目を果たした果物たちも食べられます。ほんのり温まった果物も意外と美味しい(笑)


ごちそうさまでした。
また季節の変わり目に再訪したい。次回はパフェもありかもしれない←

広告を非表示にする